祝い金とは、どのような制度?

祝い金とは?

新築のお祝い金を渡すタイミングとは

新築されたり新居を購入された場合はお披露目会をされる方もいらっしゃいます。
招待されたときにはお祝い金を持参して当日にお渡ししましょう。
ご挨拶時に手渡しするのが一番良い方法ですが、ほかの方とご一緒になりタイミングが合わなければ お手すきのときに、そっとお渡しになるのが良いでしょう。
ご招待に都合があわなければ、後日1ヶ月以内にはお渡しするのが良いでしょう、遠方の場合も お手紙を添えてなるべく早く送られることをお勧めします。
会社の上司など目上の方にはお祝い金ではなくお好みの品物を送りましょう、何名かで送りますと 良いものが送れます。
兄弟、親戚ならば本人にお祝いを述べ竣工時にお渡しするのが良いでしょう。
遠距離の親戚であれば、親族会などのお会いするときにお渡しされるのが良いでしょう。
友人知人など、後で知った場合はそのとき直ぐにお祝いをし、渡されるようにしましょう。
一般的にはお祝い金は友人で5千円から1万円、親戚・兄弟で1万円から3万円です。

新築、引っ越しお祝い金を渡すタイミング

友人や親戚の新築、引っ越し祝いは自分が頂いているならなおさら避けては通れないと思います。
では祝い金を渡すのに一番いいタイミングとは? 一番いいタイミングは新築に遊びに行った時です。
大体家を建てて、引っ越しをして1週間くらい経ち、そろそろ落ち着いたかな?と思うくらいに連絡をして 一度遊びにいくねと声を掛けて、その方の新築へ訪問。
その際にお祝い金とお菓子などを持っていくと一番喜ばれます。
ただ上記のパターンは比較的近くて車で1時間から2時間以内の場所に限られると思います。
一番困るのは遠くの親戚の場合です。
なかなか遠くて訪問できないことが多いです。
この場合は手紙とお金をお祝い袋に入れて郵送(書留)して、電話で相手方に連絡をするのがベストです。
お金ではなくても商品券などでもいいと思います。
また会社内での仕事仲間の場合ですと、同じ部署の仲間から少しづつお祝い金を徴収して、 その方が会社に出社した際にみんなで渡す形がベストです。

recommend

Last update:2017/5/26

COPY RIGHT (C) 2015 祝い金とは? ALL RIGHT RESERVED