祝い金とは、どのような制度?

祝い金とは?

物件の契約による祝い金と課税のシステム

情報サイトの経由で賃貸物件を借りた場合、キャッシュバックとして祝い金を貰えるシステムがあります。
貰える条件としては、直接的に祝い金のシステムを導入しているサイトで賃貸物件を問い合わせて、契約に至った場合にキャッシュバックされる流れになっています。
貰える金額は1万円程度を設定しているサイトが多いが、利用したサイトによって貰える金額が変わる事もあります。
貰うためには賃貸契約に関する書類が必要で、サイトで取り扱っている物件を契約する事が必須です。
基本的に抽選の方式で貰うシステムではなくて、入居が決定した人の全員に受け取れる事が特徴です。
課税に関しては、祝い金を受け取った時点では発生はしないが、雑所得の扱いになる事で2月から3月に掛けて行われる確定申告で貰った分を雑所得として申請をします。
賃貸物件を契約するためにキャッシュバックとして得た所得は、1年の収入に加算して所得税や住民税を計上するための対象になる事が特徴です。

祝い金を貰う流れと課税の時のお得な方法

祝い金のシステムを導入している情報サイトを利用して、不動産会社と物件の契約を行うと1万円以上を貰える場合があります。
利用の方法として、キャッシュバックを適用している情報サイトを選んで、サイトの中から希望の物件を選びます。
取り扱っている不動産会社を訪れて契約を行うと、遅くとも2ヶ月以内に祝い金として指定された金額がキャッシュバックされます。
普通に不動産会社を訪れて契約を行うよりも、キャッシュバックを採用している情報サイトを利用する方がお得です。
情報サイトは不動産会社からの広告費で運営していますので、出来るだけ契約の時に戻ってくる金額が高いサイトを選びます。
収入が少ない時に貰った祝い金は確定申告の場合に課税の対象にならないが、仕事などでの所得の額と合算すると所得税などを納める場合も多いです。
フリーランスなどで収入を得ている人で、物件の契約で祝い金を貰った場合に、年間の所得が極端に少ない時は青色申告として申請するとお得です。

check

最終更新日:2017/5/26

COPY RIGHT (C) 2015 祝い金とは? ALL RIGHT RESERVED